Map of the memory 記憶の地図 2017 〜Part excerpt 一部抜粋〜

8 years have passed since my mother became dementia.
​I’m not sure if I remember my family now.
​There’s something I want to forget, but I remember remembering it.
​I,m going to my grandparent’s house on my childhood train.
JUST THAT...
When I got off the train,I felt very excited that I could meet my favorite grandparents, and I felt that the way around 1.5 km was very long.
​And then, a few years later, I’m going to go to the place where my grandparents lived before I deid.
I walked through the street from the station relying on my childhood memory.
​It’s a little bit left overlap with a faint memory.
母が認知症になって8年が経過している
今は家族のことも覚えているのか定かではない
忘れてしまいたいこともあるけれど 覚えておきたい記憶がある
母と幼少期電車で祖父母の家へ行く 
ただそれだけ
電車から降りたら大好きな祖父母に会える とてもわくわくした気持ちで 1.5km程の道が その当時とても長く感じた
それから幾年が経過し 今は他界してその家はない 以前 祖父母が住んでいたところへ行けるのだろうか 
幼少期の記憶を頼りに 駅からの道を歩いてみた
​かすかに残っている景色と
かすかに残っている記憶と が重なる